So-net無料ブログ作成

透明な存在3

俺は、会社を辞めてから、モノとしか交流していない。

クルマがそのいい例だ。
毎日のように不毛なドライブを繰り返すだけで、全く人と関わっていない。

人は、人と関わる事によって何らかの刺激を得るものだ。
それがたとえ不快な刺激であっても、何かしら得るものがある。

俺は、人と関わる術を無くしてしまったがゆえに、その代替としてクルマにしがみついているだけなのだ。
いくらカネを使ってそのような行為を繰り返しても、後に残るものと言えば、虚しさぐらいだろう。

要するに、俺は何も得ないし何も与えない、透明な存在だ。
トラックバック(0) 

トラックバック 0

ホームレス予備軍記憶 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます