So-net無料ブログ作成

物音

隣の部屋から聞こえてくる物音が、酷く気に障る。

俺のアパートの壁は薄いようで、隣の住人の咳払いの音さえ聞こえてくる。
今はなにやら周期的に、何か機械のようなものがうなりをあげている音が聞こえている。

それが何かはわからないが、俺の神経を逆なでるような物音だ。
俺は思わず壁を叩きたくなるが、なんとかこらえている。

今、俺の部屋は例によってラジオもテレビも何も点けていない全くの無音状態だ。
なので、ことさらその物音が際立つ。

俺は、少々神経が過敏になっているようだ。
段々腹が立ってきた。
トラックバック(0) 

洗車

ここ数日は、極力カネを使っていない。

正確に言えば、これ以上使ってしまうとまたカツカツの生活に戻ってしまう。
もうガソリンも無いので、不毛なドライブも出来ない。

その代わり、毎日のように黙々と洗車をしている。
これならカネはかからない。

早朝に起床しウォーキングをこなし、その後洗車を行う。
これが、今の俺の生活の全てだ。

不毛なドライブよりかはまだマシなのだろうが、それとてやはり一人の虚しさがつきまとう。
奇麗になった俺のクルマを、称賛する人間はいないのだ。

それでも俺は、他に実行することを見い出せない。
トラックバック(0) 

ステレオタイプな親

俺の親は、典型的なステレオタイプだ。

日本をよく知らない外国人が日本をイメージする際に、和服を着た若者たちが歩く渋谷のとなりに富士山が存在しているというような、単純な決め付け的思考や発想をする、それがすなわちステレオタイプだ。

それと同じように、俺の親は、「正しい家庭の築き方」といった教科書のようなものしか持ち合わせていない。
その教科書は、俺に言わせれば、安っぽい家族ドラマの台詞の数々を集めたものでしかない。
そして何かあるたびに、俺の親はここぞとばかりに、その教科書を引っ張り出しその台詞を棒読みするのだ。

たとえば、俺が少しでも反抗的な言葉を発すれば、「親に向かってなんだその口のききかたは!」だ。
たとえば、正月を迎えた際に必ず言わなければならないと思いこんでいる、「今年の抱負はなんだ」だ。

そういう親は、前述した教科書を見ながら、それらの台詞をただ棒読みしていれば理想的な家庭を築けるという、とんでもない勘違いをしている。
また、その教科書通りの行為によって悦に入り自己満足しているだけなのだ。

それに加え、俺の親は昭和一ケタ世代であり、典型的な権威主義者だ。
親は絶対的な存在であらねばならないという、やっかいな思想を抱いている。

ある時、俺は親と一緒にレストランに行った。
その際、店員からタバコを吸うかどうか問われた俺の親は、普段タバコを吸う俺に見向きもせず「吸わない」と言い放った。
あの時、せめて俺に向かって「吸うか?」の一言があれば、俺だってきっと禁煙席でいいと言っただろう。

そんな親が存在する家庭は、中身が無い見せかけだけの家庭になり、ロクなものにならない。
また、その子供も然りである。

実際、俺の家庭の食事時間は、テレビを点けていないとお通夜になってしまっていた。
談笑だとか世間話が、俺の家庭には存在し得なかった。

なぜなら、「正しい家庭の築き方」には、その項目が書かれていなかったからだ。
トラックバック(0) 

価値観の押し付け

俺は自炊をしない。

正確に言うならば、出来ない。
そんな気力があったなら、とっくに実行している。

また、決してやらず嫌いでもない。
20代30代の元気だった頃は、それなりにやっていた。

だが今では、この部屋には鍋も無ければ器も無い。
コンビニに食料を買いに行くのが精一杯だ。

そんな俺に、しきりに自炊をすすめる人間もいる。
そんな輩の言う事は、俺から見ればただの価値観の押し付けにしか聞こえない。

自分がやって良いと感じたことは、万人もそう感じるに違いないという、荒唐無稽な考え方だ。
その本人は自覚していないと思うが、自分が中心に世界が回っていると勘違いしている、ただの愚か者だ。

また、たちの悪いことに、そういう奴はそれが善意だと解釈している。

俺は、そんなくだらない人間を蔑視する。
トラックバック(0) 

特権

俺の書いた短編官能小説が、最優秀作品に選ばれた。

とあるサイトでそのような小説の募集企画があり、俺はダメもとで原稿を書き送っていたのだ。
もしかしたらという期待もあったが、まさか俺の作品が選ばれるとは思っていなかった。

今の俺の生活には、クルマ関係以外には、こうして文章を書くぐらいの作業しか残っていない。
それも最近は、被害妄想的な要素を含んだやや攻撃的な文章だ。

人と全く会わない生活をしていると、前回の日記にも記したがコミュニケーション能力が激減する。
しかしその代わりに、「書く」という作業が研ぎ澄まされているようにも感じる。

それが俺のような人間の特権であると言い切る事が出来るならば、少しは救われる。
生業とまではいかずとも、その特権を何かに活かせればいいのだが。
トラックバック(0) 

退化

生物は、使わない機能は退化するとよく聞く。
人間も然りであり、俺の場合、コミュニケーション能力がそのいい例だ。

繰り返しになるが、俺は社会復帰する以前の7年間及び、会社を辞めてからの半年間、全くと言っていいほど人と会っていない。

仕事をしていた期間でさえも、俺は極力人を避けていた。
飲み会など、俺にとっては地獄絵図そのものだった。

一時期、「飲みニュケーション」などと言うコトバが流行ったが、酒が飲めない俺にとっては、そんなコトバは世の中から消滅して欲しい。
俺は、そんなコトバを、100パーセント否定もするしバカにもする。
そもそも、それは酒の力を借りないとコミュニケーションが取れないバカ者たちの言い訳に過ぎない。

話がそれてしまったが、とにかく俺はここ10年間弱、就労期間を除き人と会った回数は、片手で足りるほどだ。
人と関わることが出来ない、ゆえに俺は人を避ける、そしてますます俺のコミュニケーション力は落ちていくという悪循環だ。

冒頭で述べた理論が正しいとするならば、俺はもう、このまま人を避け続けながらコソコソと生きていくしかない。
なぜなら、一度退化したものは決して復活することがないからだ。

努力次第でなんとかなる、などと言う人間がいても、俺はそんな人間が発する言葉には耳を貸さない。
そのような人間には、一度俺の人生を体験してみろと言いたい。
トラックバック(0) 

心のタトゥー

俺の心には、いくつもの悪しきタトゥーが刻み込まれている。

それは、たとえば「俺の居場所はどこにも無い」。
それは、たとえば「コミュニケーション能力皆無」。

タトゥーは、一生消えることはない。
永遠に、共存していかなければならない代物だ。

俺はこの、心のタトゥーを背負い、もがき苦しみながら生きていくのだ。
それが、精神障害というものだ。
トラックバック(0) 

記憶

俺は、誰の記憶にも残らない。
トラックバック(0) 

透明な存在3

俺は、会社を辞めてから、モノとしか交流していない。

クルマがそのいい例だ。
毎日のように不毛なドライブを繰り返すだけで、全く人と関わっていない。

人は、人と関わる事によって何らかの刺激を得るものだ。
それがたとえ不快な刺激であっても、何かしら得るものがある。

俺は、人と関わる術を無くしてしまったがゆえに、その代替としてクルマにしがみついているだけなのだ。
いくらカネを使ってそのような行為を繰り返しても、後に残るものと言えば、虚しさぐらいだろう。

要するに、俺は何も得ないし何も与えない、透明な存在だ。
トラックバック(0) 

ホームレス予備軍

俺はこの先どうなるんだろう。

障害年金は当分給付されるだろうが、失業保険は来年の夏までしか給付されない。
賃貸アパートに住んでいる俺は、障害年金だけではとてもじゃないが生活していけない。

蓄えがあるわけでもなし、逆に多額の借金がある。
この借金さえ無ければ、まだ救われるのだが・・・。

いずれにしても、来年の夏までには自力で収入を得なければならない。
ハローワークには月一ぐらいで行っているが、俺の出来そうなあるいはやりたい仕事は見つからない。
なにしろ俺は、外線電話はおろか内線電話にも出られない有様だ。
ハローワークから、仕事の紹介が一向に来ないのもそのせいだろう。

一年なんて、あっという間に過ぎてしまう。
来年の今頃は、俺は一体どうなっているのだろう。

このままでは、最悪ホームレスになるかもしれない。
トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます