So-net無料ブログ作成

どうでもいい

市役所の広報スピーカーから流れ出る音声が、うるさくて仕方ない。

俺にとって、誰がいつ行方不明になったかなど、全く関係のない話だ。

繰り返し放送されるその音声に、俺は今ひどくいらだっている。

もうやめてくれ。
トラックバック(0) 

クルマ

クルマが不調で入院してしまった。

今の俺にとってそれは贅沢かもしれないが、ドライブだけが唯一の逃げ道だった。
運転している時の時間は、部屋でもがいている時間より数段マシだ。

そのマシな時間さえも、奪われてしまった。
退院には、1か月かかる。

絶望的な気分だ。
トラックバック(0) 

太陽系

俺に、太陽は存在しない。

仮にあったとしても、それには俺を引き寄せる力はない。

ゆえに、俺は太陽系から離脱し、宇宙をさまよっているのだ。

あてもなく、ただただどこまでもさまよっているのだ。
トラックバック(0) 

疲れたよ

もう疲れたよ。

どんな言葉も、今の俺には響かない。

もう疲れたよ。
トラックバック(0) 

末期

俺の今の状態は、癌で言うところの、末期症状なのだろう。
もう言葉を紡ぐことも、困難になってきた。
トラックバック(0) 

独房

独房に、いる気分だ。

その独房には、テレビもラジオもパソコンだってある。

外に出ようと思えば、それも可能だ。

だが一見快適に思えるその独房は、本物の独房に勝るとも劣らない苦しさを持つ。

自由と名付けられた独房に、俺はいるのだ。
トラックバック(0) 

誤り

俺の人生は、誤りだらけだ。
だが、一番の誤りは、この世に人間として生まれてきてしまったことだ。
トラックバック(0) 

棄権

俺は、成功も失敗もしていない。
なにしろ、何にも勝負をしていないからだ。
言い換えれば、俺は勝負を棄権し続けているのだ。
そんな人間は、何をも得ない。
トラックバック(0) 

不見

俺は、軽く見られている。

正確に言うならば、軽くという副詞は正しくない。
つまり、見られてもいないのだ。

俺と相対する人間は、俺は存在していないものと認識する。
したがって、俺は見られる対象にさえならないのだ。

やはり俺は、透明な存在だ。
トラックバック(0) 

不必要

俺のような、向上心やチャレンジ精神の欠片もない人間を、社会は必要としない。
トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます