So-net無料ブログ作成

皆無

人は、もうだめだと思った瞬間から、問題解決能力が著しく低下するらしい。
それが正しいとしたら、俺の問題解決能力は、皆無に等しい。
トラックバック(0) 

朽木

俺を木に例えるならば、それは根も幹も無い枝葉ばかりの木であり、とっくに朽ち地に横たわっている。
トラックバック(0) 

残骸

俺のような人間は、自然淘汰されるべき存在なのだ。
いや、正確に言うならば、もうすでに淘汰されている。
今の俺は、その残骸だ。
トラックバック(0) 

0ミリ

俺のような透明な存在には、居場所がまるでない。
俺が今存在している居場所は、言わば0ミリという居場所だ。
トラックバック(0) 

表情

俺には、表情が欠落している。
俺と接する人間は、俺の表情の無さに、まるで石と対話しているかのような感覚を覚える。
いや、まだ石の方が面白味があるかもしれない。
俺には、無表情という表情しか存在しない。
トラックバック(0) 

拷問

俺は、毎日拷問されている。
それは、俺がその答えを持ち合わせていないのにもかかわらず、「お前はどうしたいのだ?」と問う拷問だ。
そして俺は、拷問者が俺に期待する言葉を、一生発することはない。
したがって、俺は死ぬまで、その拷問に耐えなければならないのだ。

トラックバック(0) 

絶望すら出来ない

俺は、ここで何度か絶望という言葉を使ってきた。
絶望とは、文字通り望みが絶たれるという状況だ。
だが果たして今の俺に、望みという代物があるのだろうかと考えてみると、これと言って思い当たるものがない。
今の俺は、もはや生きることをも望んではいない。
したがって、俺には望みが存在しないことになる。
つまり俺は、絶望するという行為すら出来ないのだ。
それは、絶望以上に絶望的状況だ。
トラックバック(0) 

人間レール

俺は、いつしか人間というレールから脱線した。
脱線直後は、それでも無理矢理走行したが、それも長くは続かず、やがて停止し横転した。
ゆえに、俺は人間的な行動は一切取れない。
当たり前な人間が当たり前に行う作業を、今の俺が行おうとしても、それは不可能になっている。
世の中の当たり前が、俺にとっては当たり前ではないのだ。
トラックバック(0) 

役者

俺という役者は、何の役も持っていない。
エキストラにさえ、なれない。
それでも、俺は舞台には出なくてはいけないのだ。
透明な存在とは、そういうことだ。
トラックバック(0) 

スクリュー

俺という船は、完全に停止している。
それは、スクリューが止まっているからではない。
元々、その船にはスクリューなど装備されていなかったのだ。
トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます